各種損害賠償請求

交通事故

被害に遭われた方の気持ちを受けとめる

交通事故は、突然、やって来ます。
被害者の方は、事故に遭い、何の心の準備のないまま、軽いものから重いものまで、様々な損害と苦痛を受けます。
ただでさえ、ストレスや不安、パニックを抱えるなか、警察や検察の取り調べを受けなければならない場合もあります。
そのうえで、交通事故のプロである保険会社の担当者とやり取りをし、自分の権利を守っていかなければなりません。
私たちは、交通事故に遭われ、そんな過酷な状況におかれている方の気持ちをできる限り理解し、その気持ちに寄り添った解決のできる事務所でありたいと思っています。

請求のポイント

1 被った損害を余さず請求する

交通事故による損害は、お怪我に関するもので、治療関係費、通院交通費、休業による損害、慰謝料、葬儀費用など、お車に関するもので、修理費、買替に要した費用、代車の使用料、事故に遭ったことで評価の下がった車の格落ち損など、様々な種類のものがあり、これらの損害を漏らさず請求することが、まず、大切です。

2 損害を正しく算定する

次に、それぞれの損害を最大限、有利に算定することが必要です。
例えば、慰謝料の額は、何をもとに、どうやって算定するのでしょうか。
事業者の方が事故に遭われて、売上げを落としてしまった場合、その損害は、どんな資料からどのように算定すればよいでしょうか。
交通事故で後遺症が残ってしまった場合、将来の収入減は、どうやって算定するのがよいでしょうか。
被った損害を正しく算定することは、意外に難しいものです。

3 適切な方法で請求する

交通事故の加害者に損害の賠償を求めていく方法は、示談交渉ばかりでなく、調停や裁判、紛争処理センターの利用など、いくつかの手段があります。
それぞれに、利点や欠点、特徴があり、被害者の方が求める解決に、最も適切な方法を選択することが必要です。

横浜みなとみらい法律事務所は、交通事故事件処理のプロとして、交通事故の被害に遭われた方に、ベストの解決方法を提案します。

弁護士に依頼するタイミング

弁護士に依頼すべきタイミングは、それぞれあると思います。
ただ、交通事故で大きな怪我を負ってしまったという方については、やはり、早めに弁護士にご依頼されたほうがよいでしょう。
大きな怪我をされた場合には、最終的に、弁護士費用を差し引いても、専門家である弁護士に依頼したほうが、より多額の賠償を得られる可能性が高いですし、どのみち弁護士に委任するのであれば、早期に弁護士に依頼することで、通院中の段階、症状が固定する段階、自賠責に後遺症の認定をしてもらう段階、それぞれで、適切なアドバイスを受けられることがあるからです。
横浜みなとみらい法律事務所では、無理に委任を促すようなことはせず、弁護士に依頼すべきかどうかも含め、ご相談を受けております。

その他の損害賠償請求

損害の種類

現代社会では、人々の活動の範囲が広がり、その分、事故や約束の不履行などにより、誰かに被った損害を賠償させたいと考える場面が増えてきました。
交通事故に限らず、水漏れ、火災、取引上の不履行、建築瑕疵、名誉毀損、ハラスメント、いたずら、学校や介護施設での事故、暴行や傷害などの犯罪、買ったものや食べたものに問題があった場合など、ありふれた日常生活のあらゆる場面で、損害賠償は問題になります。
損害は、大きく分けて、財産的損害と精神的損害がありますが、それぞれのなかにも様々な種類の損害があり、損害を正しく捉え、かつ、算定するのは、損害賠償の専門家でないと難しいことがあります。

請求の方法

被った損害の賠償を請求していく方法も、解決までの時間を重視するのか、解決の形式を重視するのか、とにかく賠償金を多く取れればよいのか等により、どのような形で進めるべきか様々な考慮が必要になります。
横浜みなとみらい法律事務所は、交通事故だけでなく、火災事故、建築訴訟などの高額案件、製造物責任、介護事故、学校事故、相隣問題などの複雑な損害賠償事案についても、広く取り扱っております。