弁護士紹介

代表弁護士 伊藤 康典

神奈川県弁護士会所属

ご挨拶

私は、大学卒業後、平成18年に弁護士登録をし、以来8年間、東京銀座の坂東総合法律事務所において、損害保険会社、不動産仲介会社、デベロッパー、メーカー、飲食業、医療機関、介護施設、学校法人等の法律顧問として、企業活動で生じるトラブルや人事労務問題等の数多くの案件を担当してまいりました。
ときには仕事が深夜に及び、苦しいこともありましたが、そのなかで、企業としての重要な局面に立ち会うことができ、会社の方々とともに丹念にリサーチをし、頭をひねる機会をいただき、また、先輩の弁護士から指導を受け、同僚の弁護士と切磋琢磨することで、弁護士として、研鑽を積むことができたと思っています。
その後、一定の力を身につけることができたと感じ、長男が生まれたことをきっかけに、妻の実家のある横浜で開業することにしました。
横浜を選んだのは、都会と自然のバランスのとれた土地で、仕事だけでなく、子育て、趣味など充実した生活を送ることができるのではないかと考えたからです。

事務所名には、かねてより憧れのブランドだった「横浜みなとみらい」という名称を付け、自分の目指す方向性を改めて考えました。自分は、どうして弁護士になったのだろうか。私は、特に、ビジネスをしたくて弁護士になったわけではありませんでした。単に、人に頼りにされるのが好きだったからだと思いました。振り返ってみると、例えば、私は、みなさんと同じように、勉強はあまり好きではありませんでしたが、友だちにわからないところを聞かれると、その友だちのために、一生懸命調べて、考えて、教えてあげるのは、大好きでした。先日も、マンションの管理組合の総会で、なる気など毛頭なく、できれば避けたかったのですが、お願いしますよと頼まれると、なんだか嬉しくなり、理事長職を引き受けてしまいました。
そして、そんなふうに、人に頼まれるといつも以上の力が発揮できるのが長所なのだから、自分は、もっと、個人の方の仕事も積極的に引き受けていくべきではないかと思いました。

個人の方の仕事を引き受けるうえで、私が心掛けていることは、2点です。
ひとつは、やはり費用の面が心配であろうということです。
明確な料金表を設けておくことは当然ですが、それだけでは足りないと思っています。
いつでも料金表どおりでは、ときに高額になりすぎ、かえって法律事務所の敷居を上げてしまうことにもなりかねません。
そのため、はじめに丁寧に話を聞き、事案の見通しが付くものについては、今後どうなっていくと予想されるかを説明し、そのうえで、事案に応じて、ディスカウントしたプランをご提案することも必要だろうと考えています。
もうひとつは、法律事務所という場所に緊張して、十分にお話ができない方もいらっしゃるため、そのような場合には、プロである弁護士のほうから、相談に来られた方の思い、どうして法律事務所にまで来たのかという背景を汲み取る努力をしなければならないと感じています。

横浜みなとみらい法律事務所は、開業以来、個人、企業を問わず、多くのお客様に支えられ、まもなく、4年目を迎えることができます。
その間、地道に仕事をすることが最高の営業であると考え、ホームページは作成してきませんでした。
その考えは、間違ってはいないと思いますが、やはり、自分たちがどんな人間で、どんなことを考え、仕事をし、どんなことを得意にしているのかをわかってもらったほうが、より強い信頼関係、よりよいサービスにつながるのではないかと考え、この度、ホームページを新設することにいたしました。

昨今は、日本でも権利主張をするようになったと言われますが、まだまだ、自分のことは自分で言いにくいと感じる人が多いのだろうと思います。
そのような方は、真面目にやっていれば、いつか報われる、正しいことは、いつかわかってもらえるというように考え、我慢をしているのでしょうが、実際のところは、図々しくわがままを言う人の意見が通ってしまうのが実状です。
しかし、そのような世の中は健全とはいえないと思います。
私は、損をしている正直者たちの思いを代弁し、頑張っている人たちが安心して頑張れる社会にしたいと考えています。

経歴

  • 開成中学校・高等学校卒業
  • 東京大学法学部卒業

公務活動

  • 平成25年度東京弁護士会常議員

著作論文

  • 「相続発生時の留意点No2・遺言の効力」(平成21年5月、ワンダフルオーナーズ57号)
  • 「交通事故事件処理の実務-Q&Aと事例-」(平成25年6月、新日本法規、共著)
  • 「学校事故・判例ハンドブック」(平成27年2月、青林書院、共著)

担当した主な案件(判例誌掲載)

横浜地方裁判所平成21年1月29日判決(自保ジャーナル第1811号)

交通事故加害者の供述を虚偽の申告と認定し、被害者に高額な損害賠償が認められたもの

東京地方裁判所平成23年8月8日判決(判例タイムズ第1386号)

協同組合がその組合員にした処分が無効とはいえないとして、協同組合の不法行為責任が否定されたもの

東京地方裁判所平成27年3月3日判決(自保ジャーナル第1947号)

事故から3年が経ってもまだ治癒しないとの訴えに対し、脳脊髄液減少症(低随液圧症候群)との関係を否定し、事故と相当因果関係が認められる症状は、事故から1月を超えないと認定されたもの

弁護士 島岡 和正

準備中

弁護士 市野 裕明

神奈川県弁護士会所属

ご挨拶

弁護士というと、大学時代からずっと、法律の勉強をして、何年もかけて苦労して、やっと、司法試験に合格する人というイメージが強いかもしれません。実際のところ、そのような経歴の人がほとんどだと思います。
一方で、私は、大学時代は、経営学を専攻しており、法学とはあまり縁のない人生を送ってきました。なぜ、経営学を専攻していたかというと、ちょうどそのころ、父の勤務する自動車会社が、深刻な経営不振に陥り、その後、外資との提携を経て、劇的なV字回復を遂げた、その一部始終を見て、経営判断ひとつが、数万人もの人生を左右する、極めて重いものだと知ったからです。
大学卒業後は、それまで学んだマーケティングの知識を実践してみたいと考え、都内の民間企業に勤務し、新規事業の立上げを担当していました。営業戦略の立案や、取引先との交渉など、試行錯誤の日々に、ときには苦しい思いをすることもありましたが、そのような経験を通じて身についた様々な感覚が、いまの自分の財産となっていることを、日々、感じています。

そのころ、日本では、司法改革という大きな変化が訪れました。私のように、法学部出身ではなく、社会人経験などの多様なバックグラウンドを有する者が、法曹となることで、より多くの人が、リーガルサービスを受けやすい社会に変えていく。そのような理念のもとに、様々な改革が行われました。
アメリカでは、弁護士はとても身近な存在であると、よく言われます。これは、私の想像ですが、アメリカでは、病気になったときに病院にいくような、ごくごく普通の感覚で、弁護士に相談しているような気がします。
日本でも、そう遠くない将来に、一般の方はもちろん、企業法務に携わる方にとっても、法律問題が起きたときには、自分だけで悩まず、まずは、弁護士に相談をすることが、当たり前になっていくのではないか。私は、そのような思いから、法曹となる道を選びました。

弁護士としての業務は、まさに多岐に渡りますが、私は、どのような仕事であっても、この仕事を通じて、不安な思いや、苦しい思い、悔しい思いで日々を過ごしている人に、ほんの少しでも、安心感を与えることができたらと思っています。また、自分からは声をあげられないような、弱い立場に置かれてしまった人に、何か手助けをすることができたらとも思っています。それが、私にとって、この仕事をしていくことの意味です。
私は、幼少期からこれまでをずっと、横浜で過ごしてきました。弁護士となるにあたっても、この地のたくさんの人たちに助けられてきました。今、横浜で弁護士として仕事ができることを、とても嬉しく思っています。弁護士として立派な仕事をすることが、これまでお世話になった人たちへの一番の恩返しであると考え、日々、研鑽に励んでいく所存です。

経歴

  • 浅野中学校・高等学校卒業
  • 横浜国立大学経営学部卒業
  • 横浜国立大学国際社会科学研究科法曹実務専攻修了

弁護士 工藤 慶太

神奈川県弁護士会所属

ご挨拶

法律は、社会を成り立たせるための重要な規律です。時代が進むにつれ、社会が変容し、社会に暮らす人々のもつ価値観も変容し、そして、法律も変容します。
私は、法的知識・理論の研鑽に励むと共に、社会に広く・高くアンテナを張り、現代社会の潮流を掴み取り、社会に生きる人々との繋がりを大切にします。
そして、横浜みなとみらい法律事務所の理念:「基本は、人助け」を根底に、依頼者の立場で、その真意を汲み取り、依頼者のニーズに適うオーダーメイドのリーガルサービスを提供することを目指します。

経歴

  • 出身地:千葉県習志野市
  • 八千代松陰高等学校卒業
  • 明治大学商学部卒業
  • 中央大学法科大学院修了

弁護士 服部 泰

準備中