採用情報

ただ今、74期司法修習生(新規登録弁護士)を募集しております。
詳細は、神奈川県弁護士会のホームページをご覧いただき、是非、ご応募ください。

事務所からのアピール

横浜みなとみらい法律事務所は、この横浜の地に開所して以来、年々、少しずつ、人員を増強し、設備を整え、たえず成長を続けております。
今後とも成長し続ける法律事務所であるため、新人を採用、教育し、人柄、能力ともに一流といわれるようにしていくことは、なかでも最重要の課題と考えております。指導方法は、OJT(やってみせる→説明する→やらせてみる→確認、追加指導)が中心で、まずは、先輩の弁護士と一緒に取り組んでもらいながら、本人の希望やスキルの向上をみて、取り組んでもらう仕事の内容、種類、幅、量、指導体制等を調整しています。
書籍の購入や検索システムの導入、合理的な案件管理、定期的に行われている勉強会や事務所会議など、仕事の効率や質、各人の能力をあげていくための環境の整備にも力を入れています。
厳しく指導するだけでなく、まず自分がハッピーでなければ、他人をハッピーにすることはできないという考えから、所員の幸福度を大切にしている事務所でもあります。
私たちは、新しい仲間を歓迎します。
自分のため、仲間のため、そして、お客様のために、一緒に、真摯に仕事に取り組んでいきましょう。

代表メッセージ

新しく弁護士になられる皆様、あなたは今、どんな法律家を目指していますか。

  • 様々な分野を取り扱うジェネラリストになりたい。
  • 専門分野を持ちたい。
  • 顧問先の企業を持ち、ビジネスに携わりたい。
  • お客様に喜ばれる仕事がしたい。
  • 弱っている人の心の支えになりたい。

様々な夢をお持ちだと思いますが、その夢をかなえるために、新人弁護士にとって、どうしても必要なものが、経験です。
私たちが扱うのは、生の事件です。事実関係をどう調査し、それをどう整理し、そのうえで、顧客の希望にどう応えていくか、こうしたことは、どんなに文献や裁判例にあたっても、身につけることはできません。
実際の事件に数多くあたり、悩んで、身体に染み付けていくほかありません。
横浜みなとみらい法律事務所には、あなたが経験を積むのに必要な、幅広い、数多くの事件があります。
これから扱っていく事件は、あなたにとっては、ほとんどが初めての経験になるでしょう。初めての経験は、楽しいことばかりではありません。それは、ときに大きなストレスとなります。弁護士である以上、専門家としての責任を感じることは、避けて通れません。
そんなとき、横浜みなとみらい法律事務所には、気軽に悩みを相談できる先輩の弁護士がいます。比較的期の近い、一緒になって、切磋琢磨していける弁護士もいます。
インターネット上には、たくさんの情報が溢れており、弁護士が、問いに対して単に正しい回答を出すだけで十分な時代は終わりました。
お客様にご満足いただくためには、お客様ごとに、その方なりのオーダーメイドの解決をご提案することが絶対に必要です。
私たちと一緒に、お客様から十分に話を聞き取り、その想いを共感して、事件を解決し、感謝されたり、次のお客様を紹介していただいたりしたとき、あなたは、心から、弁護士になってよかったと思えるはずです。
ともにチャレンジしていける新しい仲間と出会えるのを楽しみにしています。

横浜みなとみらい法律事務所
代表弁護士 伊藤 康典

応募方法

eメール又は郵送にて、履歴書、成績表(司法試験)をお送りください。その他、アピールできるものを送っていただいても構いません。
書類審査のうえ、面接のご連絡をいたします。

送付先】

〒231-0015 横浜市中区尾上町6-83 東横尾上町ビル7階
横浜みなとみらい法律事務所 弁護士採用担当宛
(メールの場合)ymm@ymm-law.jp

事務所風景

この記事を書いた人

弁護士 伊藤康典

横浜みなとみらい法律事務所代表弁護士。
東京大学法学部卒業。平成16年度司法試験合格。都内法律事務所勤務を経て、2014年、横浜みなとみらい法律事務所を設立し、所長(2020年現在、弁護士6名)。

個人事業主、中小企業、上場企業の顧問業務のほか、交通事故、相続(遺言、遺産分割、遺留分減殺)や成年後見、建物明渡し等、個人の方からのご依頼にも注力しています。依頼者に待ったをかけるのではなく、依頼者の背中を押す弁護士でありたいと思っています。