コラム(その他・ペットの法律問題)

今回は、ペットがケガをさせられてしまったときのお話です。

ペットが相手の飼い犬に噛まれてしまった場合や、交通事故に巻き込まれてケガをしてしまった場合は、どのような損害賠償を請求できるでしょうか。

一般に、人がケガをさせられた場合は、通院治療費や慰謝料、休業損害など、様々な種目の損害について、必要かつ相当な範囲で請求することができます。
これに対して、「モノ」が壊されてしまった場合は、ほとんどの場合は、修理費の請求ができるのみで、しかもその修理費は、時価相当額が上限となってしまうのが原則です。

それでは、ペットの場合はどのように考えられるでしょうか。
たしかに、ペットは人ではないので、人と全く同じ基準で考えることはできませんが、そうは言っても、家族同然に大事にされている生き物なのですから、「モノ」と同じ基準で考えるのは、常識に照らして、おかしいと感じる方が多いのではないでしょうか。
実際に、裁判例でも、そのような考え方から、ペットがケガをさせられた場合には、治療費や慰謝料の請求はもちろんのこと、通院のために飼い主が休業を余儀なくされた場合の休業損害の請求までもが認められています。

このように書くと、人がケガをさせられた場合とほとんど同じように思われるかもしれませんが、一つだけ、大きな違いがあります。それは、ペットの治療費などの請求は、「ペットの時価相当額に照らして」相当な範囲で認められるということです。
これはどういうことかというと、例えば、ペットの購入価格が20万円だとしたら、それを遙かに超えるような高額な治療費までは、損害として認められないということなのです。

人のケガであれば、人に値段はありませんから、治療費も、治療が必要な限りは、原則として全額が認められます。しかし、ペットには、値段が付けられて売られているという現実(「モノ」としての側面)がありますから、この点が考慮されているというわけです。

当事務所では、ペットの法律問題についても力を入れて取り扱っておりますので、お気軽に、ご相談ください。

(弁護士 市野裕明)